1. 展覧会
  2. 加賀正太郎没後70年・ニッカウヰスキー90周年記念 蘭花譜と大山崎山荘 ―大大阪時代を生きた男の情熱
開催予定

加賀正太郎没後70年・ニッカウヰスキー90周年記念 蘭花譜と大山崎山荘 ―大大阪時代を生きた男の情熱

2024年 3月 9日(土)-2024年 5月 12日(日)

アサヒグループ大山崎山荘美術館は、2024年3月9日(土)から5月12日(日)まで、企画展「加賀正太郎没後70年・ニッカウヰスキー90周年記念 蘭花譜と大山崎山荘―大大阪だいおおさか時代を生きた男の情熱」を開催いたします。

2024年は、大山崎山荘を造った加賀正太郎(1888-1954)が66歳で没してから70年にあたります。彼は近世から近代にわたり経済の中心地として発展した船場(現在の大阪市中央区の一角)に生まれ、大大阪時代のただなかで活躍した実業家でした。その業績のひとつに、ニッカウヰスキーの前身である大日本果汁株式会社設立への貢献があげられますが、奇しくも本年はニッカウヰスキー創立から90年を迎える年でもあります。

本展では、加賀正太郎の足跡をたどるとともに、彼が後世に残した貴重な財産である大山崎山荘と『蘭花譜』を広く紹介します。『蘭花譜』(1946年発行)とは、加賀正太郎が自ら育てた蘭をモチーフに監修・制作した木版画83点、カラー図版14点、単色写真図版7点の104点で構成される植物図譜です。なかでも木版画の美しい色彩や技法は、美術品としても高い評価を得ています。

若き実業家が大山崎の地に咲き誇らせた、蘭と文化の香りに思いをはせるとともに、大大阪と呼ばれた時代のダイナミズムを感じてください。

会期

2024年3月9日(土)-5月12日(日)

休館日

2024年3月11日、4月8日、4月15日、4月22日(月)

4月30日、5月7日(火)

主催

アサヒグループ大山崎山荘美術館

入館料

一般1,100円(1,000円)
高大生500円(400円)
中学生以下無料
障害者手帳をお持ちの方300円
※( )内は 20名以上の団体の場合
※価格は全て税込表示です

後援

京都府、大山崎町、大山崎町教育委員会、NHK京都放送局、京都新聞、エフエム京都

展示構成

・加賀正太郎と大山崎山荘
・大山崎山荘を訪れた人々
・大山崎山荘の肖像
・加賀正太郎の挑戦
・~百花繚’蘭’~『蘭花譜』の世界
・ニッカウヰスキー90周年記念コーナー

主な展示作品

『蘭花譜』No.40 パフィオペディルム・キング・アルバート 当館蔵
『蘭花譜』No.72 レリオカトレヤ・ペレウス‘オオヤマザキ’ 当館蔵
中村清太郎「大山崎山荘図会」(1932年)当館蔵
『茨木カンツリー倶楽部10周年記念誌』(1934年発行)より

ポスター・フライヤー

関連企画

申込受付中

講演会名 :美の追求―大山崎の加賀正太郎

※申込み受付開始:2024年2月3日(土) 10:00-

日程

2024年3月17日(日) 13:30–15:00

講師

久山 敦くやま あつし氏(咲くやこの花館名誉館長)

プロフィール

1947年 兵庫県生まれ
1972–73年 イギリスのキュー王立植物園留学(1年間)
1982年–1993年 淡路ファームパーク(兵庫県)の大温室、ロックガーデン、バードケージなどの設計、管理
1988年– 咲くやこの花館(大阪市)の高山植物室、ロックガーデンの設計を行う
1993年– 同館調査役として勤務
2007年– 咲くやこの花館館長就任
2021年– 同館 名誉館長就任
*これまでに世界52ケ国を植物調査
*著書『ヨーロッパ花の旅』(創文社)、『六甲高山植物園』、『ヒマラヤの青いケシ』 (ともに東方出版)他

定員

50名、要予約(先着順)

内容

イギリスのキュー王立植物園で1年間学んだ経験をもつ久山氏を講師に迎え、実業家・加賀正太郎が114年前にキュー王立植物園で魅せられた蘭、1万株に及ぶ栽培、その色褪せぬ 記録ともいうべき版画集『蘭花譜』につながる「世界」を紹介していただきます。

久山敦氏写真.jpg

会場

大山崎ふるさとセンター
http://www.town.oyamazaki.kyoto.jp/annai/kikakuzaisei/furusatocenter/oyamazakifurusatocentar/14.html
京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字竜光3
(阪急大山崎駅から徒歩1分、JR山崎駅から徒歩3分)
※美術館が会場ではありません

参加費

無料

申込方法

下記申込フォームよりお申込みください。

https://form.run/@oyamazaki-rankafuevent-1
※申込み受付開始:2024年2月3日(土) 10:00-
※申込は1回につき2名様まで
※電話・メールによる受付はいたしません
※定員に達し次第、当館ウェブサイトでお知らせいたします

申込受付中

イベント名 :山荘で嗜むウイスキーの夕べ

キャンセル待ちの受付を行っています。 ※先着順/お席が空き次第メールでご連絡致します。 ※開催前日までにご連絡が無い場合は落選となりますので、予めご了承ください。

日程

2024年4月6日(土)、7日(日) 各日 17:30–20:00
・集合 17:30 JR山崎駅または阪急大山崎駅
(送迎車で当館までご案内します。お申込み時にどちらかの駅をお選びください)
・解散 20:00 当館からJR山崎駅または阪急大山崎駅まで送迎車でお送りします

対象

※飲酒を伴うイベントのため、20歳未満の方、当日車両を運転される方はご参加をご遠慮ください
※妊娠中、授乳中の方はご参加をご遠慮ください                                             

定員

各15名(要予約)※定員になり次第受付終了

内容

閉館後の美術館本館(大山崎山荘)内で行うナイトツアーです。
イベント参加者だけを対象としたギャラリートークの後、2階喫茶室でウイスキーアンバサダーによる、ニッカウヰスキーの魅力をお伝えする試飲会をお楽しみください。特別なお酒をご用意し、お待ちしております。山荘のテラスから眼下に広がる夜景も、特別な夜を演出してくれることでしょう。

山荘で嗜むウイスキーの夕べ.JPG

会場

アサヒグループ大山崎山荘美術館

参加費

7,000円(入館料、イベント参加料、記念品、駅までの往復送迎を含む)

申込方法

下記申込フォームよりお申込みください。
https://form.run/@oyamazaki-rankafuevent-2
※お申込み受付開始:2024年2月3日(土) 10:00-
※お申込みは1回につき2名様まで
※飲酒を伴うイベントのため、20歳未満の方、当日車両を運転される方はご参加をご遠慮ください
※妊娠中、授乳中の方はご参加をご遠慮ください                                             
※電話・メールによる受付はいたしません
※定員に達し次第、当館ウェブサイトでお知らせいたします

事前申し込み不要

イベント名:蘭の展示即売会

日程

2024年3月22日(金)、23日(土)、24日(日) 各日 10:00–17:00

内容

京都市西京区にあり、JOGA(日本洋蘭農業組合)に所属する高橋園芸が、蘭の即売会を行います。

会場

美術館庭園内レストハウス

事前申し込み不要

関連商品販売

内容

・『 蘭花譜 』 書籍を発行:展覧会開催にあわせ、『 蘭花譜 』 書籍を発行します(株式会社 青幻舎発行)
・オリジナルグッズ発売:株式会社 East 制作による 『 蘭花譜 』 オリジナルグッズを販売します

カフェ企画 特製スイーツ

会期中、当館喫茶室で展覧会イメージに合わせた、リーガロイヤルホテル京都による特製オリジナルスイーツを提供いたします。テラスからの眺望も魅力です。

 

カトレヤ

『蘭花譜』にちなみ、大輪のカトレヤの花を思わせる、華やかなケーキを作りました。苺風味のスポンジ生地にラズベリーのジャムをサンドして、さらにラズベリーバタークリームを塗ってジャムでコーティング。仕上げのレモンピールが、さわやかなアクセントをそえています。目も舌もご満足いただけることでしょう。

マダム・チヨコ

「高津小町」とうたわれた加賀正太郎夫人・千代子の名前をつけました。生地にはマジパンとバターとビターなチョコレートを使い、くるみとオレンジを練り込んでしっとりとした焼きあがりに。あんずジャムをサンドして、表面はグラサージュショコラで仕上げました。ウイスキーとも相性抜群です。

提供期間

展覧会会期中

協力

リーガロイヤルホテル京都

料金

スイーツ単品 価格が決まり次第ご案内します 
スイーツ・ドリンクセット 100円引き
(ドリンクは喫茶室メニューの中からおひとつお選びください)
※期間限定で、ハイボールがメニューに加わります
※ 税込、美術館入館料は別途必要
喫茶室メニューはこちらから